ちいさなぺや

幸せを感じるときはベッドに潜り込む瞬間です

ウソツキというバンドについて

先月号の音楽と人を見返してたらウソツキが紹介されてたのでこの記事を書いています。


私はこのバンドに対してちょっと気になる男の子(きゅるん)程度の感情を抱いています。


好きでも嫌いでもないけどちょっと気になる、いや、ちょっと好きなのか?でも好きではないんだよなあ……って感じの感情。


ウソツキとはVo.Gt.竹田昌和 Gt.吉田健二 Ba.藤井浩太 Dr林山拓斗 からなる4人組王道うたものバンドです。


だそうです。


公式LINEよりコピペ。


「ウソツキだけど決して嘘はつかない。」


タワレコかどこかの謳い文句。


彼らの音楽を聴いているときだけは嘘も本当にするということ?


おもしろいバンド名だよね。


いろいろ想像が膨らむし。


そんで問題の曲。


確かに間違いなく「王道うたものバンド」。


ウソツキ - 金星人に恋をした (MV) - YouTube

金星人に恋をした/ウソツキ


非常に聴きやすい音楽だと思う。


ギターを中心にサウンドが構成されていて、シンプルだけど軽すぎない。


変なシャラシャラした音も入ってないしきちんとバンドサウンドしてる。


BUMPを幻想的でドリーミーにしたような雰囲気。


ボーカルの髪型もBUMPの影響受けまくってそう。



ウソツキ - 新木場発、銀河鉄道(MV) - YouTube

新木場発、銀河鉄道/ウソツキ


この曲がウソツキで一番好き。


ギターのジャジャジャジャツジャ-って音が鉄道の音を表してる。


すごい。


おもしろいしすごい発想だししてやられたって思った!


リズム隊もボーカルの邪魔はしないけれどところどころで主張してきていいスパイスになってる。


歌詞も会いたい愛してるありがとう好きだとかそういう薄っぺらい(※個人の感想です)言葉を並べるだけじゃないです。


http://j-lyric.net/artist/a0598f1/l03476b.html 


僕が銀河鉄道に乗り込むところからお別れするシーンまでのストーリー仕立てになってる。


題材が題材だから一歩間違えたらメルヘンチックすぎる歌詞になりそうなもんだけど、「新木場」「下北沢」「代々木上原」という地名がリアリティを与えることで絶妙なバランスを保ってるね。


メルヘンはメルヘンなんだけど、うざくない程度のメルヘンに収まってる。


その妄想とリアルのバランスがすごく心地いい。


ギターバンドが好きな人はハマる可能性あるんで聴いてみてください☺


「一生分のラブレター」(ジャケットが可愛い)発売中です☺


ウソツキオフィシャルサイト
ウソツキ オフィシャルウェブサイト






ここからあんまりよくないこと。


いいことばっかり書いてきてなぜ「ちょっと気になる」程度なのか。


それはひとえにボーカルの歌い方のせいです。


「たちつてと」を「つぁつぃっつつぇつぉ」と発音するタイプの歌手なのね。


他の部分でも過剰だろって言いたくなるぐらい感情込めたり。


それが無理だった。
 

歌い方って大事なんだなーと痛感しました。


でも、歌い方以外は◎!


声も演奏ももちろん曲もとてもいいです◎


たぶん売れる!ていうか売れてほしい!


好きとは言い切れないけど応援してます💪