読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちいさなぺや

幸せを感じるときはベッドに潜り込む瞬間です

「ねぇ、委員長」


『ねえ、委員長』

著:市川拓司




3つの短編が収録されている。

すべて恋愛物。


1つめは「Your song」

走ることが得意な女の子と歌うことが大好きな男の子の話。


2つめは「泥棒の娘」

引っ込み思案な男の子と絵を描くことが好きで謎に包まれている女の子の話。


3つめは「ねえ、委員長」

絵に描いたような優等生の女の子とダイヤの原石の男の子の話。




 この本を読み終えた時の幸福感はそうそう味わえるものじゃない。

 恋愛っていいなあ、と素直に思える。

 小説でもマンガでも心の底からそう思える作品って少ない。

 「ねえ、委員長」が違ったのは登場人物が全員魅力的でキラキラしていたからだろう。

 キラキラと言っても、スクールカーストの上位勢みたいなキラキラ(?)ではなく、頑張ってる人から発せられるキラキラだ。

 3つとも主人公たちはそれぞれのものに立ち向かっている。

 頑張りの度合いで言うと、特に「ねえ、委員長」がすごい。

 委員長と鹿山くんが頑張る理由にもキューッとなる。



 それから、恋敵も魅力的なのがとてもいい。

 少女漫画だとライバルが主人公をいじめたりする胸糞悪い展開が多いけれど、この本ではそういうことは全くない。

 「Your song」の吉川さんが特に最高。

 絶対天使みたいに可愛いはず。


 
 そして、恋愛小説には不可欠なキュンとくるポイント。  

 これもきちんと散りばめられている。

 「Your song」だと練習の最終日、それから終業式の日の会話がたまらない。

 どちらもすごくまっすぐで、ひたすら青くて心をひっかかれたみたいな気持ちになる。

 「泥棒の娘」は二人で絵を描くシーンと彼女が残したメモ。

 二人の肘についての描写は主人公の気持ちと二人の距離感がよく表れていてキュンとしか言いようがない。

 「ねえ、委員長」は二人が河原を歩きながら約束するシーン。

 二人はとても強くて、だからこそ切ない。

 絵心があったらこのシーンの想像図を描いてたと思う。

 それぐらいロマンチックで切ない。

 女の子が男の子の髪を切る場面も好き。

 女の子は世界一の頑張り屋だけれど、それと同時に普通の女の子なことがわかる。

 
 それと、3つに共通しているのが冒頭と結末。

 とびきりワクワクする始め方、締め方だと思う。

 


あまりネタバレしないように書いたからわかりにくいけどよかったら読んでみてね。

私の中の最高の恋愛小説。

ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)

ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)

旅に出たい


旅に出たい。


ここ数日そればっか考えてる。


青春18きっぷを使って日本全国貧乏旅行したい。


音楽プレーヤーと最低限の着替えとそんなに多くないお金を持って。


ああ、でもフェリーにも乗ってみたいな。


個室じゃなくて雑魚寝でいい。


船の中を一日中うろうろしたい。


観光地も見たいっちゃ見たいけど、その地域特有の商店街とかお店を見たい。


例えば、名古屋のコンビニではしるこサンドが普通に売られてるけど、他県では売ってないらしいじゃん。


そういう事例をたくさん発見してみたい。


東北とか北海道では魚市場で朝ごはんを食べたい。


全国各地の温泉で、その街で一番安いお風呂に入って比べてみるのも楽しいかもしれない。


温泉街の人って優しいイメージがあるから(偏見)、お喋りもしてみたいな。


下関では海の写真を撮りたい。


それをセブンでポストカードにして「本州最南端!」って言葉を添えて家に送りたい。


いや、下関に限らないんだけどね。


北海道とか鹿児島とか、日本の端っこを見てみたい。


いろんな風景とか食べ物を写真に残して、何十年後も見て楽しめるアルバムを作りたい。


そんな旅ができれば30年くらいは生きていける気がする。



数年後の私へ


これを実行できるように両親の説得とバイト頑張ってください

心の底から期待と応援をしています




最後に私の大好きな旅本

天国ゆきカレンダー (ハヤカワ文庫 JA ニ 4-1)

天国ゆきカレンダー (ハヤカワ文庫 JA ニ 4-1)


と、旅に出たいすべての人間に響く(多分!多分ね)曲を

僕はきっと旅に出る

僕はきっと旅に出る


かしこ

嬉しくなると涙がホロリ

野球観戦に行ってきました。


f:id:go_up_the_night:20160911225623j:plain


ナゴヤドーム

中日対DeNA 25回戦

4-2

勝ち投手:又吉
セーブ:田島
負け投手:三上


感激すると「すごい」とか「やばい」しか言えなくなる現象あるじゃないですか。


それを野球観戦で体験するとは思いもしませんでした。


優勝決定戦とかノーノー達成とかならわかんないけど、消化試合なうえに最下位に低迷してて記録が生まれたわけでもないのに、めちゃくちゃ興奮した。


小笠原は7回2失点の好投、周平は4ヶ月ぶりのホームラン。


小笠原に勝ちがつけばなおよかったけどそれは贅沢言いすぎ?


小笠原に勝ち運がつきますように。


序盤は塩試合の極みだったけど終盤は打線も割と繋がったね!


8回の攻撃楽しかったなあ。


周平と直倫のお立ち台をこの目で見れるなんて最高に運がいい。


いつか見たいなーと思ってたけどまさか生で見れるとは。


三球団競合三遊間大好き。


嬉しすぎて涙がキラリ☆しちゃった。


来年は今年よりもっともっと活躍する姿を見せてね。


二人ともインタビュー下手くそなのでハラハラしました。


そのハラハラも含めて楽しめました。


直倫がお客さんに楽しんでもらえる試合をしたいと言っていたけれど、少なくとも今日は心の底から楽しめました!


本当に楽しい三時間をありがとうございました。


アドレナリン出まくった。


今日はパノラマだったので次はライスタで声張りあげたい。

スピッツの歌詞に「扉」「奇跡」「桜」「翼」がどれくらい出てくるのか数えてみた

まずはこの記事を読んでください。


ポエムなJ-POPが押す「日本人の心のツボ」 | 日本「ポエム化」現象のナゾ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

マキタスポーツが語る、J-pop楽曲が似た歌詞ばかりになるワケ「コンペ制度の存在」 | 世界は数字で出来ている


で、マサムネさんがちいものツアーのMCや2016年9月号のMUSICAでこの問題(?)について触れたんですね。


ちいもののときはスピッツもこういうワード使ってるな〜まあ長くやってるしな〜→次は使っていない曲をやります→恋は夕暮れ(!)という流れだったそうです。


MUSICAはスピッツが「昨今のJ-POP出会った奇跡起きすぎ問題」の先駆者という設定(?)になっていることがショックみたいなニュアンスでした。


すんごいざっくりなんで、詳しくはぐぐるなり買うなりして自分の目で確かめてください。


それで、じゃあ上の記事に上がっている4つのワードを数えてみようじゃないかと思い至ったわけです。



◇数える前の予想◇

これそんなに出てくる印象ない。

パッと思いついたのは運命の人と砂漠の花ぐらい。

でもたぶんまだ何曲かはある。

予想:7曲


奇跡

はい。

数で言えばこれもそんなに思いつかないんですけど、空も飛べるはずのイメージが強すぎるね。

なんせ出会った奇跡起きすぎ問題の先駆者的存在らしいから。

最新アルバムのブチでも使われてた言葉。

予想:3曲


マサムネさんが書く詞には生き物がいっぱい出てくるけど、桜って意外とあんまり思いつかない。

あんまりっていうか恋は夕暮れと三日月ロック その3しか思いつかない。

チェリーにも桜を思わせる描写は出てくるけど桜って単語は出てこないもんなあ。

予想:4曲


翼。

4つのワードの中だったらダントツでこれが一番出てくるはず。

思いついたのだけでもババロア、漣、遥か、インディゴ地平線、ホタルがあるから。

インディーズの曲だけど晴れの日はプカプカプーにも出てくるよね。

20曲はありそう。

さすがにそこまではないかな?

というのも、ハチミツまでのスピッツってとにかく飛ぶこと至上主義な感じがするんですよ。


中でも空の飛び方、ハチミツに色濃く表れてると思うのでその2枚だけでも何曲かあるんじゃないかなあ。

予想:17曲



◇数えた結果◇

※おるたなに収録されているカバー曲は数に含んでいません。  

※ちゃんと数えたつもりですが間違えがあったらごめんなさい!コメント欄でここ間違ってるよ〜と教えてくれると嬉しいです🙏



 10曲 10回

 ◦胸に咲いた黄色い花(1回)
  『鉄の扉こじ開けたら』

 ◦タイムトラベラー(1回)
  『薄暗い屋根裏で見つけたその扉』

 ◦トンガリ'95(1回)
  『死ぬほど寂しくて扉を叩いても』

 ◦あじさい通り(1回)
  『ただ重い扉押し続けてた』

 ◦ほうき星(1回)
  『錆びついた扉がはじめて開くよ』

 ◦運命の人(1回)
  『扉開けたら』

 ◦Holyday(1回)
  『心の扉を痛みこらえ開けたよ』

 ◦ガーベラ(1回)
  『扉ふたつ開いて』

 ◦砂漠の花(1回) ◦
  『終わりと思ってた壁も新しい扉だった』

 ◦若葉(1回)
  『扉の向こう目を凝らしても深い霧で何も見えなかった』


奇跡
3曲(+1曲) 7回(+2回)

 ◦心の底から(2回)
  『今でも奇跡を信じてる』

 ◦空も飛べるはず(3回)
  『君と出会った奇跡が この胸に溢れてる』

 ◦群青(2回)
  『すでにもう奇跡』
  『それだけで奇跡』

 番外編
 ◦ ブチ(2回)
  『キセキは起こらないそれでもいい』
  『キセキが起こるかもならなおいい』

 ブチは「きせき」という単語が入ってはいるんですが片仮名だったので番外編にしておきました。



2曲 2回

 ◦恋は夕暮れ
  『恋は待ちきれず咲き急ぐ桜』

 ◦三日月ロック その3
  『抜け出したい気持ちなら桜が咲くたび現れる』

 
11曲 19回

 ◦ローランダー、空へ(1回)
  『「白い翼と白いパナマ帽渚の風を身にまとう夢を見たのさ」』

 ◦黒い翼(4回)
  『黒い翼でもっと気高く』

 ◦インディゴ地平線(1回)
  『骨だけの翼眠らせて』

 ◦ホタル(1回)
  『紙のような翼で羽ばたき』

 ◦ババロア(2回)
  『柔らかな毛布を翼に変える』

 ◦海を見に行こう(1回)
  『僕らは行く翼も無いのに』 
 
 ◦遥か(4回)
  『夢から醒めない翼』

 ◦スターゲイザー(1回)
  『ありふれた言葉がからだ中を名曲翼になる』

 ◦僕はきっと旅に出る(1回)
  『青い翼広げながら』

 ◦ナサケモノ(1回)
  『思い出した翼ひろげなぜか巡り合う』


《アルバム別使用曲数》
0曲:スピッツ、オーロラになれなかった人のために、スーベニア、とげまる
1曲:名前をつけてやる、惑星のかけら、フェイクファー、花鳥風月、色色衣、おるたな、小さな生き物、醒めない
2曲:Crispy!、空の飛び方、ハチミツ、インディゴ地平線ハヤブサ、(醒めない)
3曲:さざなみCD
4曲:三日月ロック

《アルバム別使用回数》
0回:スピッツ、オーロラになれなかった人のために、スーベニア
1回:名前をつけてやる、惑星のかけら、フェイクファー、色色衣、とげまる、おるたな、小さな生き物、醒めない
2回:ハチミツ、インディゴ地平線、花鳥風月、ハヤブサ
3回:(醒めない)
4回:空の飛び方
5回:Crispy!、さざなみCD
8回:三日月ロック


全部で26曲(+1)、38回(+2)でした。

スピッツオリジナルの楽曲が全部で219曲なので8.4曲に1曲使われている計算になります。

オリジナルアルバムは平均12.3曲収録なので1枚あたり1.4曲入っているということになります。



◇数え終わっての感想◇

 とりあえず自分にお疲れさまでしたと言いたいです。

 さっきこの記事書き終えたのにアップしようとしたら半分ぐらい消えたの。

 それで余計に疲れた。

 で、肝心の中身のほうはと言いますと、空の飛び方、ハチミツに「翼」が使われてる曲一つもなかった……!!!

 なんという。

 絶対入ってると思ってた。

 ドヤ顔で予想してたから恥ずかしい😩

 翼以外の言葉で飛ぶことを表してるんでしょうか。

 次聴くときはそこらへんに注目しながら歌詞カードを読みたいと思います😌


 数えながらこの4つより「幻」とか「掟」のほうが使われてそうだと何回も思いました。 

 誰か数えた、もしくは数えてくれる人いないかなあ!!!

 ここまで読んでくれてありがとう。


2016.09.16 修正しました

なりたいもの


生まれ変わるなら何になりたいですか。


私は木になりたいです。


種類は問いません。


安定して根を張ってくれればなんでもいいです。


でもできれば空気が美味しいところに生えてる木がいいな。


日本国内だったら白馬とか軽井沢のような避暑地に生えたい。


アスファルトでガッチガチに舗装された道路沿いの街路市は嫌。
 

木の存在そのものにも憧れるけど、じっとしているだけで人の役にたてるって最高じゃない?


でも、木になりたい人って多いらしくて。


けっこう倍率高そうなんですよね。


がんばろう🌱


木が無理だったらペンギン。


南極には基本的にペンギンしかいないから撮影とかで南極を訪れた人間を仲間とみなしちゃうぐらい平和な環境でペンギンは暮らしてるんだって。


異種の生物を仲間とみなせるってすごいよね。


争いごとに無縁な生活なのかな。


子育てとか大変らしいけど、争いごとがないのはすごい憧れる。


しかも単純に可愛いし。


ペンギンも無理だったら猫。


猫になりたいって言うと小岩井のMCが浮かんじゃってなんかこう、もぞもぞした気持ちになるんですけどスピッツの曲とは関係ないです。


ただ単に自由気ままに、誰にも媚びずに過ごす猫に憧れる。


こうやってなりたいものを書くと深層心理まで透けちゃいそうでこわいね。


とりあえず来世は木になれることを期待して人間生活頑張って幸せになろうと思います🐻

金曜日の夜

金曜日の夜に野球中継を見ながら甘いアイスを食べるのが好きです。


シャーベットじゃなくてアイスってところが私なりのポイント。


できればバニラとかミルク系、もしくはチョコ。


パルムとか最高。


今日はアイスがなかったのでしゃりしゃりミカンバー(仮)で我慢しました。


来週はアイス食べれるといいな。


あ、でも来週中日の試合ないんだよなあ。


どうしようかなあ。


パリーグ見ようかなあ。


ホークスマジック点灯したよね。


17〜19日の間に優勝してほしいな。


それともMステ見ようかなあ。


来週くるりが出るらしいよ。


ちょっと興味ある。


くるりなら魔法のじゅうたんが好き。



こういう全く生産性のない考え事をとりとめなくしてても幸福感味わえるから金曜日の夜は好き。


え、いつもの考え事は生産性あるか?


それは聞いちゃだめ。

オールライトと歌ってみたかった(1度目)


このタイトルで元ネタがわかったあなたは相当なアジカンファンとお見受けします😌


 私、他人の他愛ない文章を読むのがすごく好きで。


タイトルの元ネタである「何度でもオールライトと歌え」もかなり楽しんで読めています。


本屋さんに行ったとき立ち読みしてちょっとずつに読み進めています()


買えよって話だよね!!!ごめんねゴッチ!!!


何度でも〜には難しい話もあって飛ばすことも多いんですが、ふっつーーーーの日記もそれなりに入ってて面白いです。


特に公園で職質されたらどうしようって一人で悶々と考える話と新幹線の話が好き。


ここらへんは本当に軽〜い気持ちで読めるし、笑いの要素も入れてくれてるのでオススメです☺


そういう些細なことを読ませる文章で書けるのが羨ましくて仕方ない!!!!!


何度でもオールライトと歌え

何度でもオールライトと歌え


「悶々」で思い出したんだけど、アジカングラスホッパーも好きです。


原曲より悶々が強くて生々しい感じがする。


青〜い可愛さが生々しさになってた。


JUST LIKE HONEY-「ハチミツ」20th Anniversary Tribute-

JUST LIKE HONEY-「ハチミツ」20th Anniversary Tribute-


それからアジカンならアンダースタンドが好き。


サビのメロディがかっこいいです。



 うーん、今日は他愛ない日記を書こうと思ってたのにアジカン紹介記事になってしまった。


無念。


でもないか。